Event is FINISHED

【12/7(金)・参加無料 Free Event】サイバー文明のプロローグ KGRI Great Thinker Series - Cyber Civilization: Prologue

Description

2018年4月に設立された慶應義塾大学 サイバー文明研究センターでは、2018年12月7日(金)9時-15時30分 「KGRI Great Thinker Series – サイバー文明のプロローグ」と題する連続講演及び、パネルディスカッションを三田キャンパス 北館ホールにて開催いたします。

我々は、AI、IoTなどの情報技術の発展が、近代文明を根幹から変えつつある、と認識しています。その問題意識のもと、情報技術を巡る経済、政策、教育の分野に深い造詣を持つ3人の海外第一人者をお招きし、日本の有識者も交え新しい文明の人間や社会の姿を語っていただきます。

Technology is transforming the world around us. How could we act to grasp the opportunity that it offers and what shall we consider in planning our future? It is important for us to understand and evaluate how this emerging trend of technology development challenge the fundamental notion of human civilization.

Bringing together three international AI experts, “KGRI Great Thinker Series - Cyber Civilization: Prologue” will take you a deep dive into the emerging Cyber Civilization—looking into the opportunities and challenges that technology brings to educational sectors, business, humanity and the society. Do not miss this chance to hear from the brightest minds working in multidisciplinary research backgrounds, and gleam exclusive insights in preparation to be the ahead of the curve.

イベントポスター
Event Poster

講演者:同時通訳付き

1. 9:10-10:10 「機械と人間の限界が消滅する時代:アルゴリズムの支配」
ジョナサン ケーヴ博士
ワーウィック大学 シニアリサーチフェロー(経済学)

アラン・チューリング研究所 フェロー

ますます多くの重要な決定がアルゴリズムによって人間には追い付けないスピードで行われている。
これにより、人類自身が全ての判断や選択をリアルタイムで理解し、コントロールすることが難しくなっている。現代のサイバー文明という概念を再構築する手がかりは、2つの想定される帰結から考えることが可能だ。まず第一に、我々が依存するこれまでの既成概念やルールの多くが意味をなさず、結果を悪化させてしまうこと。機械に機械の暴走監視をさせることは可能かもしれないが、監視する機械は誰が監視すればいいのだろうか?第二に、人間の意思決定が、複雑なアルゴリズムに埋め込まれた暗黙の合図や、誘導や、構図に歪められ、偏向が生まれることだ。我々は、この判断のプロセスに違和感を持っている。それが、人間の判断をあまりに考慮しないものであるからだ。
また、経済的、政治的、社会的、文化的な側面で、より思慮深く考える機会が減少し、責任の言及もなくなりつつある。こういった背景が文明の構造を変えつつある。これから、個人や組織のアイデンティティーはより希薄になり、安定性は低くなる。そして外的影響を受けやすくなる。グローバルネットワークの複雑さは、文明の基盤を維持または強化するための「弱いシグナル」を検出または対応することを技術の進化が困難にしているものと考える。

2. 10:25-11:25 「新しい経済の姿」
ジェラルド ファルハーバー博士
ペンシルベニア大学 名誉教授(ビジネス経済、公共政策)
連邦通信委員会 前チーフエコノミスト

人類の歴史上で二度の大きな文明の転換点がありました。 それぞれの波は、 その時々の経済システムにおける希少資源によってドライブされた といえます。もちろん地域などによって違いはありましたが、 希少資源、 すなわち経済のドライバーが主役であったことは共通していたとい えるのではないでしょうか。いま、第三の波が到達しています。 そこでの希少資源は情報です。 情報という希少資源のコントロールがどの文明や個人が成功するか を大きく左右することでしょう。すでに、 企業の盛衰や個人の貧富がサイバー文明を大きく特徴づけるものと なっています。

3. 12:40-13:40 「技術社会におけるリベラルアーツ教育のあり方」
リサ ドリング博士
ローズモント大学 学長

学術界は科学技術の時代こそリベラルアーツ教育が重要であること を強調してきました。 古典的な教養教育やその基盤となってきた学術は、 実用的な教育に比べて有用性や「投資収益率」において劣り、 暇人の娯楽であるかの偏見を受けてきたのです。 歴史を振り返ると1959年のC. P. Snow博士の「二つの文化」 と題する議論を呼んだ講演に象徴されるように、 教育の目的についての議論はギリシャの昔から論争の種であり続け てきました。 昨今の理工学と人文科学の間の対立関係はその延長上にあるともい えます。しかし、人文社会科学に対する風当たりには、 科学技術とデジタル文化が急速に進化する一方で、 教育コストと学生が抱える負債が増大が暴騰する状況とあいまって 、異次元の激しさがあります。一方で、 ほとんどの企業や専門職の雇用担当者は、 リベラルアーツによって訓練される、 正確で明快なコミュニケーション力の重要性を強調します。 そして論理的で明晰な思考力を重視しています。そして、 もっとも重要なこととして、多様な視点や、 出自を持つ人間を理解し、 洗練された態度と創造性で協調できる能力を求めています。 この矛盾を我々はどのように解けばよいのでしょうか? この議論に終わりはあるのでしょうか? あるいは議論し続けることが重要なのかもしれません。

4. 14:00-15:30 「情報技術の進化に伴う日本の新しい文明」パネルディスカッション
上記講演者に加え、日本の有識者をお招きし共同センター長であるデイビッド・ファーバー博士も交え、議論します。
ファシリテーター デイビッド・ファーバー先生博士

Keynote Highlights:

1. 9:10-10:10 “Moving the Boundaries of Humanity – Regulation by and of Algorithms”
PROFESSOR JONATHAN CAVE
Senior Research Fellow in Economics, University of Warwick, and
Turing Fellow, The Alan Turing Institute

More and more, crucial decisions are being made by algorithms, often at blinding speed and/or drawing on machine learning. This makes their decisions almost impossible to understand or control in real time – and therefore difficult to regulate. Two consequences promise to reshape our notions of civilization in the cyber age. First, many of the regulatory frameworks and rules on which we rely will lose effect or produce perverse results. It may even be necessary to set algorithms to police algorithms, but “quis custodiet ipsos custodies?” (Who watches the watchers?) Second, human decisions are already being shaped by cues, nudges and framings arising from complex networks of algorithms. We know that interacting scraps of code have – or learn – biases. We also know that human judgement becomes less considered; more responsive and less responsible across economic, political, societal and cultural dimensions. This is changing the structure of civilization; individual and group identity have become more optional, less stable and more susceptible to outside influence, and the complexity of global networks makes it hard to detect or respond to ‘weak signals’ in time to preserve or enhance the foundations of our civilization.

2. 10:25-11:25 “Civilizations’ Economic Drivers: Babylon to Bitstream”
PROFESSOR GERALD FAULHABER
Professor Emeritus of Business Economics and Public Policy, University of Pennsylvania, and
Former Chief Economist, Federal Communications and Commissions

From the earliest times until today, there has been two great waves of civilizations. Each wave has been characterized by a fundamental scarce resource, determined by the drivers of the economy. There has, of course, been great diversity; but the scarce recourse, the economic driver, is common across each wave. The third wave of civilizations is now emerging, with its own economic driver: information. The control of this scarce resource will determine not only which emerging civilizations will be most successful, but also will determine which individuals will be most successful, and who will be least successful. Even now, substantial changes in income inequality and corporate dominance signal the emergence of this latest wave: cyber-civilization.

3. 12:40-13:40 “The Role of a Liberal Arts Education in a Technological Civilization”
PROFESSOR LISA DOLLING
Provost/Vice President for Academic & Student Affairs, Rosemont College

For generations now, the academic community has been called upon to defend the value of a liberal arts education. A classic liberal education, and the disciplines that comprise it, have been criticized for being everything from an enjoyable pastime luxury, to a waste of time and resources that would be better spent acquiring skills of a more practical nature—certainly ones with greater potential for efficacy and impact, not to mention “ROI.” While many point to the acerbic and polarizing 1959 Rede Lecture by C.P. Snow titled “The Two Cultures” as the main source of the derision, a closer look at history reveals that similar disputes regarding the proper aim of education have existed for centuries, even as far back as ancient Greece, giving rise to the question of whether the current STEM vs. humanities debate might be considered just “more of the same.” And yet, things do seem to be different today, given the unimaginably rapid growth of technology and emergence of digital culture, compounded by the escalating cost of higher education and mounting student debt. At the same time, employers and professionals in nearly every field report that what they desire most from employees are the very same skills that a liberal education is purported to provide: the ability to write and speak with precision and clarity, think both analytically and critically, work collaboratively with those who have different perspectives, assumptions and backgrounds, and most important, do all of this with a refined sense of empathy and creativity. What should one make of such mixed and contradictory messages? And will the debates ever subside? Moreover, should they?

4. 14:00-15:30 “Panel Discussion: What is the future of Cyber Civilization in Japan?”
In addition to the above keynote speakers, we invite senior Japanese intellectuals together with Professor David Farber to exchange insights
Facilitator: Professor David Farber

----
日時: 2018年12月7日(金) 9:00-15:30
場所: 慶應義塾大学三田キャンパス 北館1階 北館ホール
参加登録: https://ccrc-kgri2018.peatix.com
問合わせ: event@www.ccrc.keio.ac.jp
使用言語: 英語・同時通訳有り

Date: Friday, December 7, 2018
Time: 09:00-15:30
Venue: North Hall, Keio University Mita Campus
Enquiry: event@www.ccrc.keio.ac.jp
Registration: https://ccrc-kgri2018.peatix.com
The event will be conducted in English. Concurrent translation will be provided.

プログラム Tentative Program (as of Nov 9, 2018)

08:30-09:00 開場 Registration
09:00-09:10 村井 純博士(慶應義塾大学 サイバー文明研究センター 共同センター長) ご挨拶 Welcome Remarks By Professor Jun Murai, Co-Director
09:10-10:10 ジョナサン ケーヴ博士:「機械と人間の限界が消滅する時代:アルゴリズムの支配」
Professor Jonathan Cave: “Moving the Boundaries of Humanity – Regulation by and of Algorithms”
10:10-10:25 休憩 Coffee Break & Networking
10:25-11:25 ジェラルド ファルハーバー博士:「新しい経済の姿」

Gerald Faulhaber: “Civilizations’ Economic Drivers: Babylon to Bitstream”
11:25-12:30 ランチ Lunch Break*
12:30-12:40 デイビッドファーバー賞 授賞式 David Farber Prize Awarding Ceremony
12:40-13:40 リサ ドリング博士:「技術社会におけるリベラルアーツ教育のあり方」
Lisa Dolling: “The Role of a Liberal Arts Education in a Technological Civilization”
13:40-14:00 休憩 Coffee Break & Networking
14:00-15:30 「情報技術の進化に伴う日本の新しい文明」パネルディスカッション
Panel Discussion: What is the future of Cyber Civilization in Japan?

*Please note that lunch will not be provided by the conference, but there are many restaurants in walking distance from the venue.

----
講演者 Keynote Speakers:


ジョナサン ケーヴ博士

ワーウィック大学 シニアリサーチフェロー(経済学)
アラン・チューリング研究所 フェロー


ジョナサン・ケーヴ博士はワーウィック大学経済学部のシニアフェローです。アラン・チューリング研究所のフェローとグローバルネットワークソサエティー(GNKS:ロッテルダムに本拠を置く政策研究機関)でアソシエイトとして、政府機関や民間企業に対して電気通信や情報社会、ゲーム理論などに関する政策研究や分析を行っています。また、英国の規制政策委員会のエコノミストメンバーでもあり、サイバーセキュリティジャーナルにおけるエリアエディターです。 ケーヴ博士は、米国や国際的な大学、エコノミストとしてイギリス銀行、米国連邦取引委員会、RANDとRANDヨーロッパで働いていました。彼はスタンフォード大学博士号(経済学)、ケンブリッジ大学修士号(経済学)、エール大学学士号(化学、経済学)を取得しています。

Jonathan Cave

Senior Research Fellow in Economics, University of Warwick
Turing Fellow, The Alan Turing Institute

Jonathan Cave is a Senior Fellow in Economics at the University of Warwick. He also serves as a Turing Fellow at The Alan Turing Institute, and an Associate at Global Networked Knowledge Society (GNKS, a policy research organization based in Rotterdam), conducting policy research and analysis for the governmental institutions and private firms on telecommunication and information society policy, game theory, etc. He is also an Economist Member of the UK’s Regulatory Policy Committee and an Area Editor of the Journal of Cybersecurity. Cave has also held academic positions at a range of US and International universities and worked as an Economist at the Bank of England, US Federal Trade Commission, RAND and RAND Europe. He received his Ph.D. in Economics from Stanford University; M.A. in Economics from Cambridge University; and B.Sc. in Chemistry and Economics from Yale University.


リサ ドリング博士
ローズモント大学 学長

リサ・ドリング博士は、ペンシルベニア州にあるローズモント大学のプロボスト兼教務学生課のバイス・プレジデントです。 マンハッタンビルカレッジのプロボスト兼教授(哲学)、スティーブンス工科大学アーツ・アンド・レターズカレッジの学部長、セントジョンズ大学の哲学教授及びオナーズプログラムエグゼクティブディレクターを務めていました。ドリング博士は、量子論の哲学から教育の哲学までをテーマにした論文を発表し、NY TimesとThe Higher Educationの コラム“Room for Debate”に掲載されている科学と人文科学の関係について定期的に執筆しています。ドリング博士は、哲学の博士号と修士号をニューヨーク市立大学院センターで、フォードハム大学にて哲学の修士号を、マンハッタンビル大学で哲学の学士号を、ベルギー・ルーヴェンにあるHigher Institute of Philosophyから修了証を取得しています。

Lisa Dolling

Provost/Vice President for Academic & Student Affairs, Rosemont College

Lisa Dolling is the Provost and the Vice President for Academic and Student Affairs at Rosemont College in Pennsylvania. She formerly served as Provost and Professor of Philosophy at Manhattanville College, as Dean of the College of Arts and Letters at Stevens Institute of Technology, and Philosophy Professor and Executive Director of the Honors Program at St. John’s University. Dolling has published articles on topics ranging from philosophy of quantum theory to philosophy of education, and regularly writes on the relationship between science and the humanities, publishing in the “Room for Debate” column in the NY Times and The Chronicle of Higher Education. Dolling earned her Ph.D. and M.Phil. in Philosophy from the Graduate Center of the City University of New York; M.A. in Philosophy from the Fordham University; B.A. in Philosophy from Manhattanville College; and certificate of completion from the Higher Institute of Philosophy, Leuven, Belgium.


ジェラルド ファルハーバー博士

ペンシルベニア大学 名誉教授(ビジネス経済、公共政策)
連邦通信委員会 前チーフエコノミスト

ジェラルド・ファルハーバー博士は、ペンシルベニア大学のウォートン・スクールとロー・スクールの名誉教授です。 また、電気通信とインターネットを専門とする連邦通信委員会のチーフエコノミストを務めていました。 ファルハーバー博士は研究者になる以前は、AT&Tでミクロ経済学のディレクター、ベル研究所で研究責任者を務めていました。ファルハーバー博士は、ペンシルベニア大学博士号・修士号(経済学)、ニューヨーク大学修士号(数学)、ハバフォード大学学士号(数学)を取得しています。

Gerald Faulhaber
Professor Emeritus of Business Economics and Public Policy, University of Pennsylvania
Former Chief Economist, Federal Communications and Commissions

Gerald Faulhaber is a Professor Emeritus at the Wharton School and Penn Law of the University of Pennsylvania. He also served as the former Chief Economist at the Federal Communications and Commissions, specializing in telecommunications and the internet. Prior to his academic career, Faulhaber was a Director of Microeconomic Studies in AT&T, and the Research Head at the Bell Telephone Laboratories Inc. He received his Ph.D. and M.A. in Economics from Princeton University; M.S. in Mathematics in New York University; and A.B. in Mathematics from Haverford College.

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#391653 2018-11-29 02:21:15
More updates
Fri Dec 7, 2018
9:00 AM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
Tickets
登録 Registration FULL
Venue Address
東京都港区三田2丁目15−45 Japan
Organizer
Keio University Cyber Civilization Research Center
143 Followers